【パパ活アプリ】恋愛

恋愛体験 失敗から学ぶ 新しい恋愛へと

更新日:

恋愛って何度もするものです。失恋してしまったという人たちも、次の新しい恋愛に向きあえばいいです。しかし、せっかく失恋したのですから、その経験は、うまく新しい恋愛にイカされるべきです。

 

失恋に、対してグジグジ後悔はする必要はありませんが、反省するモチベーションは大事です。反省して、次にもっと魅力的な恋愛をしてください。

 

【忙しいから男性に甘えてしまった】

 

男性も女性もただ恋愛をしているということではありません。忙しい仕事もこなしていかなければなりませんし、敢えて言えば時間のない中、無理して恋愛しているともいうことができます。

 

仕事が忙しいことを言えば、男性は、いつもいつもいいよいいよと言ってくれるでしょう。だからと言って、いつもいつも仕事に本腰をいれて専念してしまうのは、ちょっと間違いではないでしょうか。

 

忙しいかもしれませんが、恋愛だって本気でしなければなりません。

 

そのようなモチベーションを持てば、結構時間なんて作り出せるものです。寝る時間あたりは短くなってしまうのかもしれませんけど。

 

恋愛が楽しいのなら、寝る時間なんて少々少なくなったって……。

その意見に賛同してくれる人たちは、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

男性に甘えて調子に乗りすぎてしまった女性は、連絡も結局ほとんどしない状態で、デートをするのは3ヶ月に一回程度だったということです。

 

3ヶ月に一回というデートの回数は、みなさんはどう考えるでしょうか。仕事に忙しいと思っている人たちほど、3ヶ月に一回は当たり前というイメージが段々とわいて来ますが、そのような人たちは、いま恋愛をする必要がないのかもしれません。

 

3ヶ月は、ほとんど子供たちの一学期分です。そんな回数で、女性が我慢できるのなら、男性は愛されてはいないでしょう。せめて一ヶ月に一度という計画は必要です。結局、このケースでは、男性から別れを告げられてしまったということです。

 

男性の優しいに甘えるということは一体どういうことなのでしょうか。恋人同士の関係はやはり、側にいなければ成立しないと考えるべきです。その優しさとは、放置を許すことであり、別れるための準備だったのかもしれません。

 

女性には、男性がこの期間寂しい思いをしているのではないかという配慮が欠けていたのかもしれません。

ベンチでいちゃつくカップル

【好きで好きで仕方がない】

 

女性の人たちも、恋愛をしているという自覚を持つことで、どんどん好きという意識を過剰に持ってしまうことがあります。恋愛意識はある程度制御できるものですが、恋愛しているのだから好きは当たり前という姿勢では、自身でも制御不可能の好きな気持ちに襲われることになります。

 

恋愛しているのだから好きは当たり前という認識は、これもただ自分よがりの恋愛をしてしまっているだけという感じがあります。

 

好きという思いが先走れば、1秒でも多く男性と会いたいと言う気持ちが膨らんで来てしまうことになります。

 

そのことによって男性は迷惑しているかもしれませんし、女性は好きという気持ちに支配されて、男性の気持ちまで読みとることが上手くできなくなってしまっている可能性もあります。

 

もう少し、好きという気持ちをおささえることができれば、相手といい距離を保つことができ、相手に対して、思いやりの気持ちも持つことができるようになるでしょう。

 

好きは当たり前という気持ちにちょっと反省をして、次の恋に向かって欲しいと思います。

 

好きで好きで仕方ないから、先走り結婚を強要してしまったりして、相手と折り合いがつかないで、結果別れてしまった……ということですが、好きで好きで仕方ないという気持ちを繰り返すうち、もっと何か今以上好きなことを相手に伝える方法はないものか模索していくことになります。

 

その結果、ちょっとそのセリフは早いんじゃないかな、と言うシーンにおいて、結婚してというセリフが飛びだして来て男性を困らせることになります。

 

男性に対して、もうちょっと配慮があれば、それでも外れることはありますが、読むことができたのではないでしょうか。

 

いつも二人三脚という意識があれば、恋愛に対してもっと謙虚になることもできて上手く行くのかもしれません。二人三脚は、夫婦だけでなく、恋人同士の関係でも使いたいです。

 

好きで好きで仕方ないという人は、恋愛に甘え、男性に甘え、自分自身に甘えているのです。恋愛にもルールがあり、予測もしていかなければなりませんし、抑止もしていかなければなりませんし、目先の問題をしっかり見極めていかなければなりません。

 

大事なときに言わない、そして、言うべきシーンでもないのに、ついつい調子にのって言ってしまったということが、自分自身に甘えていると簡単に起こることです。

 

そのような恋愛を「情熱」と言ってもいいかもしれませんが、情熱はその後すぐに覚めるものです。

長く、恋愛を維持するには、情熱など、恋愛に当たり前のことなのですから、そこから制御する姿勢が必要です。

 

 

 ランキング1位パパ活アプリ 

出会いはペイキュート-マッチングアプリ

出会いはペイキュート-マッチングアプリ

株式会社PayCute無料

-【パパ活アプリ】恋愛

Copyright© パパ活アプリ・交際クラブランキング決定版 , 2021 All Rights Reserved.